葬儀の形式は多種多様|散骨で故人を送り出す

お葬式

新しいスタイル

香典

大切な人が亡くなった後は葬儀をするのが一般的です。葬儀は故人を敬う儀式として世界共通ではありますが、その形式は国や地域によっていろいろありますし、宗教や習慣によっても変わってきます。
日本では葬儀をした後は墓地に埋葬するという慣習が根強いですが、
少子化や高齢化などの影響もあり、お墓を持てないという方や葬儀費用を出来るだけ抑えたいという理由で、
最近は葬儀をした後に遺骨を埋葬せず、自然に還すといった「散骨」が急激に増加してきています。
なかには葬儀をしないで散骨だけを行う方もいて、今や散骨は新しい供養のスタイルとして浸透しつつあります。
散骨にも方法があり海に粉骨を撒く海洋葬や、バルーンを利用し宇宙(大空)へ粉骨を撒く宇宙葬など、やり方は様々です。
この様な散骨をまとめて「自然葬」と呼びます。海に粉骨を撒くといったやり方はよく耳にするんではないでしょうか?
何だかとてもロマンチックなイメージのある自然葬ですが、ただそこら辺に撒いてしまえばいいと思っている方も多いとは思いますが、撒いても良い場所は定められており、どこでもいいという訳ではないんです。
散骨するにもちゃんとした手順や手続きをしないと思いもよらないトラブルに巻き込まれる可能性があります。
そこで、自然葬をしてみたい方にマナーや手順などをご紹介致します。間違った手順でトラブルに巻き込まれない為にも、一緒に学んで正しい知識を身につけて行きましょう。

故人にゆかりのある場所

フラワー

散骨はどこでも良いわけではありません。散骨にも適したマナーがあります。そのマナーを守らないことでトラブルに発展することもあるので、事前に注意点を確認しましょう。

正しい散骨方法

線香

散骨は個人で行なうこともできますが、業者に依頼することでスムーズに散骨することができます。業者なら散骨についての知識もありますし、安心して任せることができるのです。

費用はどのくらい

遺影

散骨をするにも費用がかかります。ですが、通常の葬儀に比べるとリーズナブルな値段でできます。お墓が不要な人や、葬儀の費用が工面できない人にも散骨は利用されています。