葬儀の形式は多種多様|散骨で故人を送り出す

合掌

正しい散骨方法

線香

散骨は火葬後の遺灰や遺骨を粉々にして撒きます。
殆どの場合は散骨を行っている業者に頼みますが、個人で行う事も可能です。ですが、自身で遺骨を道具で粉々にするという行為に抵抗がある方もいらっしゃいますので無理はせず、業者に頼みましょう。
そして、遺骨は砂くらいの大きさでもいいのですが、なるべく粉末状の方が細かく美しいとされています。よく勘違いされている方もいるとは思いますが海などに散骨する場合は「撒く」のではなく水に抵抗がある紙袋に入れて袋ごと投げます。直接、撒くと粉末状の遺骨が風などで舞ってしまうからです。また、環境のことを考えて大きい遺品やお供えものを一緒に撒くということはやめましょう。
散骨する場所ですが、前項でもご説明致しましたが故人が希望した場所だったりご家族が決めてやる場合もありますが、やはり近所の方に迷惑が掛からない様に行う事が第一です。
複数の候補を決めてひっそりと行うことが静かに故人を供養できるのではないでしょうか。

また、散骨はまだまだ認知度は低いですし、やはり誤解をされたりすることもありますのでその点の覚悟はある程度しておいた方がいいのかもしれません。日本は保守的な国ですので、新しいスタイルが確立されるまでには時間がかかるでしょう。
すべての遺骨を散骨してしまうとお墓をつくろうと思った時に遺骨がないと言った例もありますので、
散骨する際はある程度、手元に残しておくことが大事だと思います。